脱毛と紫外線の関係

脱毛を受けているときは紫外線に気をつけなければいけないのは、よく知られていますよね。紫外線の性質とリスクは脱毛と深いかかわりがありますから、確認しておきましょう。

 

脱毛を受けているときは気をつけなければいけない紫外線

 

紫外線は可視光線よりも短い波長を持った電磁波です。紫外線はひとくくりに語られますが、波長の長い順にUV-A(A波)、UV-B(B波)、UV-C(C波)、遠紫外線、極端紫外線の5つに分けられます。

 

このうち、UV-Cと遠紫外線、極端紫外線はオゾン層や大気中の酸素、窒素などに吸収されて地上にはほとんど届かないため、問題にするべきはUV-A、UV-Bの2つです。

 

UV-B 紫外線の影響といえば日焼けが真っ先に浮かびますが、日焼けを引き起こすのはUV-Bの方です。UV-Bは主に表皮に吸収され、体は紫外線をブロックしようとメラニン色素を生成します。また、エネルギーが強いため、サンバーンと呼ばれる火傷に似た症状を起こすのも、このUV-Bです。

 

脱毛用のライトはメラニン色素の濃い部分に吸収されて発熱するので、肌が日焼けすると照射したときに火傷のリスクがあります。ただし、地表に降り注ぐ紫外線のうち、UV-Bはわずか5%です。そのため、秋・冬、夕方から夜など、太陽光の影響が弱い間は、UV-Bの影響も小さくなります。

UV-A 一方、紫外線の90%以上を占めているのが、UV-Aです。こちらはUV-Bほど強いエネルギーは持ちませんが、そのかわりに浸透力が強いという厄介な性質があります。UV-Bは肌の表面にだけ影響を与えますが、UV-Aはその奥の真皮層に浸透し、タンパク質を変質させます。

 

その結果、弾力が失われたり、皮膚が本来持っているさまざまな機能が低下するなど、ダメージを受けます。

 

紫外線による肌の老化や皮膚ガンは、UV-Aが主な原因です。特に施術を受けた直後は、UV-Aに注意する必要があります。脱毛では高熱で皮膚組織が傷ついています。そこにUV-Aがあたるのは、生傷に強い酸やアルカリをつけるようなもので、肌は深い損傷を負ってしまうのです。体も強い防御反応を起こすため、大量のメラニン色素を生成し、濃いシミができる場合もあります。

 

UV-Aは時間帯や季節による量の変化はそれほどありません。脱毛を受ける場合、季節にかかわらず紫外線対策が大切になるのは、このUV-Aの影響のためです。

関連ページ

肌の調子が悪いときは、脱毛は休みましょう
肌荒れやむくみなどの不調を感じたときは、脱毛を受けないべきです。脱毛は肌にとって不自然で負担のかかる行為ですから、施術によって症状が悪化したり、新しい症状が起こるリスクがあります。